カテゴリー
留学生日記

スポーツマーケティングの紹介

スポーツマーケティングとは?

スポーツマーケティングは、スポーツ、スポーツイベント、およびスポーツ関連製品やサービスのプロモーションに焦点を当てたマーケティングの専門分野。

2つの主要な要素に分けられる。

  1. スポーツ団体のマーケティング

    • リーグ、チーム、個々のアスリートなどのスポーツ組織が、ファン、クライアント、ステークホルダーに対して自分たちをどのようにマーケティングするかを扱う。
    • 目標:スポーツ界にすでに関わっている観客との強固な関係を築き、維持すること。
    • 戦略:ブランドロイヤルティの構築、様々なメディアを通じたファンのエンゲージメント、ファン体験の向上、オーディエンスに共鳴するバリュープロポジションの創出。
  2. ブランドのマーケティングにスポーツを利用する

    • スポーツと本質的に関係のないブランドがスポーツ資産を使用して消費者やクライアントとつながることを含む。
    • 例: 有名なスポーツ選手を起用し、自社製品をプロモーションするソフトドリンク会社。
    • 目標:ファンがスポーツに感じる情熱や感情をブランドに移すこと。
    • 戦略:スポンサード契約、エンドースメント(推薦)、スポーツイベントのブランドプロモーションへの利用、ブランド価値とスポーツ価値の一致。

オーディエンスの理解

  • マーケティングの核心は、オーディエンスが誰であり、そのツボが何であるかを理解すること。
  • 成功するマーケティングは、消費者インサイトを取得し、価値があると認識されるソリューションを提供することにある。
  • 消費者のツボ: オーディエンスの問題やニーズを特定すること。

伝統的なマーケティングコンセプト

  • ブランドロイヤルティ: 一貫したエンゲージングなマーケティング活動を通じて忠実な顧客基盤を築くこと。
  • ファンエンゲージメント: ファンにインタラクティブで記憶に残る体験を提供し、スポーツ団体とのつながりを強化すること。
  • バリュープロポジション: オーディエンスのニーズを満たすユニークで価値あるものを提供すること。

スポーツマーケティングの影響

  • スポーツマーケティングは、伝統的なマーケティング戦略とスポーツのユニークな要素を効果的に組み合わせ、強力でエンゲージングなキャンペーンを作り出す。
  • スポーツ団体のプロモーションであれ、スポーツを利用した他ブランドのマーケティングであれ、オーディエンスの理解と価値の提供が成功の鍵。

スポーツマーケティングの課題

スポーツマーケティングの分野には多くの課題があり、その範囲は広範。

  1. チームへの忠誠心の問題

    • 多くの人は子供の頃から応援しているチームに忠誠心を持つ。しかし、別の都市や国に引っ越した場合、新しい都市のマーケターは忠誠心を新しいチームに引きつける方法を見つけなければならない。
  2. スポーツの不安定性

    • スポーツは一貫性のない商品。チームはある日に勝ち、次の日には負けることがある。このような状況で、マーケターはどうスタジアムを満席にするかが課題。
    • 家で観戦する快適さと比較して、スタジアムに足を運んでもらう方法を考える必要がある。
  3. ライブスポーツの特性

    • スポーツがライブであることは、多くの人々にとって魅力的。しかし、同時消費の課題も生じる。試合を見逃すと、その機会は失われる。
    • 再放送の市場性は他のエンターテインメントに比べて低い。
  4. 価格設定の課題

    • ゲーム観戦は高額になることが多く、家族全員での観戦は特に費用がかかる。試合の資金調達方法を見つけることは大きな課題。スポンサー探しや広告収入、テレビ放映のコストも問題。
  5. 観客セグメントの多様性

    • ファンのセグメントは非常に多様。熱心なファンから年に一度の家族イベントとして観戦する人々まで、各セグメントの購買力をどのように管理し、最大化するかが課題。

マーケティングプログラムの基本要素

オーディエンスの理解

消費者の多様性

マーケティングの第一歩はオーディエンスの理解。

プロのフィールドプレイヤーから、試合を観戦する観客、自宅でテレビを見る視聴者、チームのライセンスを受けたジャージを着る消費者、スーパーで購入した食品や飲料の消費者など、多岐にわたる。

消費者のツボを解決するインサイト

マーケターは消費者のニーズや問題点を理解し、それに応じたソリューションを提供することが重要。

目標設定

SMARTな目標

目標は測定可能、定量化可能、達成可能である必要がある。具体的な財務的または測定可能な要素を含むSMARTな目標を設定することで、成功の度合いを把握できる。

ターゲットセグメントの特定とコミュニケーション

ターゲットセグメントの選定

適切なターゲットオーディエンスを選定し、そのセグメントが特定のコミュニケーションに反応するかどうかを評価する。

すべての顧客が同じコミュニケーションに反応するわけではないため、ターゲットに合わせたメッセージが重要。

適切なインセンティブの提供

ターゲット顧客に合わせた適切なインセンティブ設計が必要。

適切なプラットフォームでのメッセージ配信

正しいメッセージを正しいプラットフォームで

適切なプラットフォームを通じて、正しいターゲット市場に正しいメッセージを届ける。

成功の測定とキャンペーンの評価

投資の評価と成功の測定

費用を賢く使ったかどうか、意図したオーディエンスにリーチしたかどうかを評価し、マーケティングキャンペーンが有用であったか、再実施するかどうかを検討する。

この一連のプロセスは、マーケティングサイクルと呼ばれる。