千巌山展望所(熊本県上天草市)

基本情報

  • 天草島原の乱のときに天草四郎がこの山頂で出陣の祝宴を張り、杓子で酒を酌み交わしたという言い伝えから、昭和8年頃までは「手杓子山」と呼ばれていた。
  • 高舞登山と共に、国指定の名勝になっている。

アクセス

場所

  • 熊本県上天草市松島町合津(Googleマップ
  • 山に入るが、道は整備されていて行きやすい。

駐車場

  • 大型バス5台、普通車30台ぐらいの収容台数を持つ広い駐車場がある。
  • 駐車料金は無料。

千巌山展望所の駐車場

展望広場

  • 広場の横に展望所があるが、震災の影響か、立ち入り禁止だった。

千巌山展望所の広場

山頂展望所

  • 山頂展望所には、「天草四郎が腰掛けた」とされる岩の案内があるが、どの岩のことかはっきり分からず。

千巌山展望所の山頂展望所

キリシタン殉教の丘

  • 駐車場近くには、キリシタン墓地がある。

千巌山キリシタン殉教の丘

休憩場所

  • トイレは展望広場と、駐車場の隣の休憩所の裏にあった。

千巌山展望所のトイレ

見える景色

中腹

  • 中腹にある展望広場は立ち入り禁止なので、展望所の外から精一杯、眺める。

千巌山展望広場の風景

山頂

  • 山頂展望所からの眺め。天草は海のイメージだけど、山も多いことが分かる。

千巌山展望所からの眺め

千巌山の風景

訪れた感想

険しさの違う2つの道

千巌山展望所は、中腹の駐車場から300mほど山道を歩いて展望所まで行きます。

山頂の展望所まで行くのに、直接、山頂展望所に行くコースと、展望広場を経由して山頂展望所に行くコースがありました。

どちらの道から行くか迷うと思いますので、少しだけアドバイス。

展望広場を経由するコース

展望広場を経由して山頂に行くコースのほうは、緩やかで広い道なので、歩きやすいです。体力にあまり自信ないなという方はこちらがオススメです。

千巌山展望所の階段

山頂展望所へ直のコース

直接、山頂展望所へ登っていくコースは、やや険しく狭い道を通ることになります。ただ、こちらの道のほうが、岩の間を通るようなところがあったりして、歩いていて面白いです。

奇岩怪石が多いことから、「千巌山」の名が付いたというその風景を垣間見ることができるコースかもしれません。

千巌山山頂コース

どちらのコースでも、展望所までの距離が300m近く離れるのは、山道ということもあり、少し歩くなという印象でした。

駐車場までの車でのアクセスは良いですが、駐車場からは頑張って歩くつもりで、天草の絶景を探しに行ってみてください。