熊本市南区「新開大神宮」

新開大神宮

新開大神宮を参拝


  新開大神宮の事前情報

・ 創建は、西暦1445年。

・ 御祭神は、天照大神、豊受大神。

・ 旧社格は郷社。

  鳥居

新開大神宮鳥居

  拝殿

・ 拝殿前にも鳥居がある。

新開大神宮拝殿

  本殿

新開大神宮本殿

  天満宮

新開大神宮天満宮

  くすの木

・ 境内には、推定樹齢は500年以上という大楠がある。熊本市指定の保存樹木になっている。

新開大神宮くすの木

  土俵

・ 秋の例大祭の際には、子ども相撲が行われるらしい相撲場。

新開大神宮土俵

新開大神宮の場所


  アクセス

・ 熊本市南区内田町1266(Googleマップ

・ 国道501号線から少し入ったところ。道によっては、少し狭くなっているところもある。

  駐車場

・ 駐車場は見当たらなかった。

新開大神宮の感想


  駐車場が無い不思議

新開大神宮

新開大神宮は、銭塘小学校近くの田畑の多い長閑な場所にありました。

それほど広い境内ではありませんが、樹齢500年以上という巨木があり、歴史を感じることができました。

昭和の時代には、「神風連」の調査研究のために、三島由紀夫さんが参拝したこともあるそうです。

長閑な地域にあって、立派な神社で、ホームページまであるのに、ちゃんとした駐車場がないのが、少し残念だなとも思いました。

神社前の道に、少しゆとりがあるので、その辺りに路駐して参拝できるかもしれません。


新開大神宮ウェブサイト