枇杷島スポーツセンターのアクセス|Bリーグ観戦トリップ

東枇杷島駅

Bリーグ観戦記


熊本ヴォルターズのゲームを中心に、各地で行われるBリーグの試合を観戦に行く旅日記。

2018年12月23日に愛知県名古屋市で行われた「Fイーグルス名古屋 対 熊本ヴォルターズ」のゲームに行ってきました。

今回は、Fイーグルス名古屋のホームアリーナ、枇杷島スポーツセンターまでのアクセス編です。

熊本 – 名古屋


  熊本空港

・ 9時30分頃に、阿蘇くまもと空港に到着。

・ 阿蘇くまもと空港から名古屋空港まで、1時間20分のフライト。

フジドリームエアライン

  名古屋空港(小牧空港)

・ リムジンバス名古屋空港線の「名古屋駅前行き」に乗り換え、名古屋駅前まで30分の移動。

・ バス代は700円の前払い。

・ Suica等の交通系ICカードは利用できなかった。

名古屋空港バスのりば

  名古屋駅前

名鉄名古屋駅まで徒歩3分の移動。

名古屋駅前

  名鉄名古屋駅

・ 名鉄名古屋本線に乗り換え、栄生駅まで2分の移動。

・ 電車代は170円。

  栄生駅

・ 栄生駅から枇杷島スポーツセンターまで徒歩10分。

栄生駅

  枇杷島スポーツセンター

・ 12時30分頃に、枇杷島スポーツセンターに到着。

枇杷島スポーツセンター

アクセス動画


・ 名古屋空港からのアクセス動画(『枇杷島スポーツセンターのアクセス動画|アクセスきっちん』)。

枇杷島スポーツセンターアクセス動画

名古屋トリップの感想


  片道3時間の旅

熊本から名古屋までは、中部国際空港と名古屋空港と、2つの空港に直行便が出ていますが、枇杷島スポーツセンターへのアクセスは、名古屋空港が良さそうでした。

ただ、空港から中心部の名古屋駅まではバス移動で、大都会にしては、利便性が高くないなと感じました。

バスでSuicaが使えなかったことにも驚かされました。

主要空港の機能は中部国際空港に移っているので、名古屋空港のほうは、施設面、サービス面含め、全般的に力が入っていない廃れた雰囲気でした。

そして、名古屋駅周辺は、巨大な建物が入り組んでいる感じで、バス停と駅の動線が分かりにくく、帰りは迷ってしまう始末。

名古屋空港のほうが近い場所にありますが、バスと電車の乗り継ぎの不便さなどを考慮すると、時間はかかっても、そのまま電車の乗り継ぎで行き来できる中部国際空港でも良かったかなと思いました。