コラム 熊本スポーツにわか

ゼビオアリーナ仙台のゲームレポート|Bリーグ観戦トリップ

ゼビオアリーナ仙台演出

Bリーグ観戦記


熊本ヴォルターズのゲームを中心に、各地で行われるBリーグの試合を観戦に行く旅日記。

今回は、2018年12月16日に宮城県仙台市で行われた「仙台89ERS 対 熊本ヴォルターズ」のゲームのレポートです。

試合前のイベント


  チアパフォーマンス

・ 試合開始45分前ぐらいになると、チアが登場して会場を盛り上げる。この日は楽天イーグルスのチアとコラボしていた。

仙台89ERSチア

  選手入場

・ チアのパフォーマンス後、センタースクリーンにロゴが映り、アウェイチームの選手から紹介される。

仙台アウェイ選手入場

熊本ヴォルターズ選手入場

  サインボール投げ込みタイム

・ ホームの選手は入場後に、観客席へサインボールを投げ入れる。

仙台サインボール投げ込みタイム

  スターティング5紹介

・ 試合開始10分前ぐらいになってくると、アウェイチームからスターターの紹介がある。

・ ホーム選手の紹介前になると照明が落ちていき、センタースクリーンにカッコイイ映像が流れ、マスコットが会場を盛り上げる。

仙台89ERS映像

仙台89ERSティナ

インターバル


  Tシャツ投げ込みタイム

・ 後半になると、チアが観客席にTシャツを投げ入れ、会場を盛り上げる時間もあった。

仙台Tシャツ投げ込みタイム

仙台USA

アウェイの応援団


  指定席が多い弊害

・ ゼビオアリーナ仙台は指定席が多いので、自由席のときのように、アウェイブースターがベンチ裏に固まって陣取ることが難しいようだった。

・ ホームのブースターの隣でも、大声でアウェイチームを応援できるブースターは、半端ないって。

仙台アウェイベンチ

  シェの神対応

・ タプスコット選手は、スターティング5紹介後にベンチへ戻ると、ベンチ裏やコートエンドのヴォルターズブースターとハイタッチや握手をして、感謝の意を表し、健闘を誓っているようだった。

タプスコット神対応

仙台89ERS戦の感想


  野球とのコラボ

ゼビオアリーナ仙台ビール売り子

仙台89ERSのホームアリーナ、ゼビオアリーナ仙台では、野球場で見かけるサーバーを背負ったビールの売り子が、試合前からスタンドを回っていました。

チアのパフォーマンスでは、楽天イーグルスのチアも一緒に会場を盛り上げていました。

そして、第3クォーター終了後のインターバルでは、楽天イーグルスの応援歌と共に、ジェット風船を飛ばす演出もありました。

冬はシーズンオフの野球に対して、冬のスポーツと呼ばれ、寒い時期にシーズンが盛り上がるバスケ。

わりとシーズンの棲み分けができているので、ファンの取り合いになりにくく、コラボレーションの相性が良いなと思いました。

よく観察していると、会場には楽天イーグルスとコラボした「EAGLES」と入ったクリムゾンレッドのバスケユニフォームを来たファンも、ちらほら見られました。

仙台のようにプロ野球チームを抱える地域は少数ですが、バスケ以外のスポーツチームとのコラボという意味では、勉強になる部分が色々とありそうでした。