コラム 熊本スポーツにわか

熊本ヴォルターズ(プレシーズンゲーム2018)熊本県立総合体育館

ティップオフ

熊本スポーツキュレーション


熊本で行われるスポーツを観戦し、「にわかファン」の視点で、そのスポーツの面白いところ、微妙なところ、両面の情報をシェアします。

今回、観戦してきたのは、2018年8月25日に熊本県立総合体育館で行われたBリーグ熊本ヴォルターズのプレシーズンゲーム(ライジングゼファー福岡戦)です。

プレシーズンゲームの雰囲気


  チケット価格

・ Bリーグ公式戦の半額に設定されていた。

・ コートサイド(プレミアム席)10,000円→5,000円、コートサイド5,000円→2,500円、1F自由席3,000円→1,500円、2F自由席2,000円→1,000円など。

  アリーナDJ

・ Bリーグの公式戦と同じように、アリーナDJが入っていて、音楽で会場を盛り上げていた。

アリーナDJ

  ウェルカムボード

・ 公式戦のときと同じように、アウェイチームのブースターに宛てたメッセージボードもあった。

熊本ヴォルターズウェルカムボード

  ユニホーム

・ ユニホームは開幕戦でお披露目するようで、いつもの赤ではなく、黒の練習用のユニホームだった。

熊本ヴォルターズ黒ユニホーム

  マスコット

・ 公式戦と同じように、ヴォルターズのマスコット「ぼるたん」も来場していた。

ぼるたん

  来場者数

・ この日の熊本県立総合体育館の観客数は2,329人。

・ 対戦相手が隣県の福岡ということで、アウェイのブースターが多かったことも数字を押し上げているが、ほぼ公式戦と同じような来場者数と応援の雰囲気だった。

プレシーズンゲーム

  試合結果

・ 試合は84-81のスコアで、熊本ヴォルターズの勝利。

ヴォルターズプレシーズンゲームの感想


  本番さながらの練習試合

熊本ヴォルターズのプレシーズンゲームを初めて観戦してみて、最初に感じたのは「公式戦とほぼ同じじゃん」ということでした。

公式戦との違いは、選手入場時の照明を落とした演出が無いのと、ユニホームが違うこと、2階席の手すりに付けられる応援の横断幕が少なかったことぐらいで、会場の雰囲気や応援の熱は、いつも通りのようでした。

これで、チケット価格が半額なのは、すごくお得に感じました。

プレシーズンゲームは、いつもは手が出ないような高価な席で観戦するのも良さそうですし、ヴォルターズの試合に行ったことのない人が、お試しでゲームの雰囲気を体験するのにピッタリの機会だと思います。