方保田東原遺跡公園(熊本県山鹿市)1万本のひまわり畑がある史跡公園

公園

くまもと公園図鑑


熊本県内各地の公園や運動施設に訪れ、写真中心に施設のポイントをまとめていきます。

今回は、山鹿市の「方保田東原遺跡公園」に行ったときの記録です。

方保田東原遺跡公園の施設


  グラウンド

・ 地域の人がグラウンドゴルフをする準備をしていた。

グラウンド

  芝生広場

・ グラウンドの隣には、芝生広場が2面ある。

方保田東原遺跡公園

  山鹿市出土文化財管理センター

・ 芝生広場の隣には出土文化財管理センターがあって、そこには30台程度の駐車場がある。

・ 開館時間は平日の9時〜16時30分。入館料は無料。

文化財センター

  トイレ、休憩場所、自販機

・ トイレは仮設トイレしかないようだった。

・ ベンチが並ぶような休憩場所もほとんど無い。

・ 自販機も周辺では見当たらなかった。

  ひまわり

・ 芝生広場を挟んで2面のヒマワリ畑が広がる。

・ 2018年は梅雨明けが早かったせいか、ヒマワリは7月中旬には見頃を迎えているようだった。

ヒマワリクイズラリー

方保田東原遺跡公園ひまわり畑

方保田東原遺跡公園の場所


  アクセス

・ 熊本県山鹿市方保田(Googleマップ

・ 県道301号線から少し入ったところ。公園周辺の道は、住宅地で狭い道が多い。

  駐車場

・ 駐車場はないが、地元の利用者はグラウンド横のスペースに車を置いているようだった。

・ 公園でイベントがあるときは、グラウンドが駐車場になることもあるらしい。

・ ヒマワリの季節は、出土文化財管理センターの駐車場を利用するようになっている。

駐車場

方保田東原遺跡公園駐車場

訪れての感想


  県下最大級の集落遺跡

方保田東原遺跡公園は、3世紀から4世紀にかけて存続した大集落遺跡で、1985年に国指定史跡になった場所です。

国で唯一の石包丁形鉄器や国内最大級の巴形銅器などが出土し、学術的価値が高い第一級の複合遺跡だったそうです。

今は史跡公園として整備されているということのようですが、トイレや駐車場も整備が不十分で、あまり力の入った整備状況ではない感じでした。

結構な広さがあるので、もう少し公園らしく整備しても良さそうだなと思います。

毎年、ヒマワリの種まきが行われるようで、国指定史跡としてよりも、8月頃のヒマワリ畑として知られるようです。

関連記事山鹿市の主な公園まとめ