コラム 熊本公園ハンター

熊本県阿蘇市「二重峠石畳」阿蘇の草原の中に続く参勤交代の道

豊後街道

熊本公園キュレーション


熊本各地の公園を訪れ、写真や動画と共に情報をシェアします。

今回、訪れたのは熊本県阿蘇市の「二重峠石畳」です。

二重峠石畳の場所


  住所

・ 熊本県阿蘇市車帰

・ Googleマップ(https://goo.gl/maps/qxWckkjYgb52

  行くまでの道

・ 県道339号線(ミルクロード)沿い。道は整備されているが、震災以降、交通量は多め。

  駐車場

・ 駐車場の収容台数は5台程度。

・ 駐車料金は無料。

駐車場

二重峠石畳の施設


  二重峠の展望

・ 峠から続く街道なので、入口の眺めが良い。

阿蘇

展望

  石畳の文字石

・ 案内板があるが、どれが文字石か分からず。

文字石

岩坂村つくり

  牛王の水

・ 道はこの先も、まだまだ続く感じだった。

牛王の水

地蔵

ガイド

石畳

  トイレ、休憩場所、自販機

・ トイレや自販機は見当たらなかった。

・ 駐車場には東屋があるが、やや老朽化が目立つ感じ。

東屋

二重峠石畳の感想


  道案内図求む

二重峠石畳

二重峠の石畳は、加藤清正公により整備された豊後街道の一部で、江戸時代には細川氏の参勤交代の道としても使われた場所です。

この二重峠から阿蘇谷に下る約1.6㎞にわたって敷き詰められた石畳が残っているそうで、これは現存する石畳としては、国内最長クラスということです。

古い石畳と阿蘇の風景は、何かの映画のロケ地として使われそうな独特な世界観でした。

散策していて気持ちの良い場所ですが、阿蘇の大自然の中で、どこまでも続くような古い道を歩いていると、だんだん不安にもなってきます。

見どころとなるチェックポイントと共に、この道の全貌が分かる案内図があると、どこまで歩くかの判断もできて、観光しやすいなと思いました。