熊本市中央区「国指定天然記念物 藤崎台クスノキ群」

クスノキ群

くまもと公園図鑑


熊本県内各地の公園や運動施設に訪れ、写真中心に施設のポイントをまとめていきます。

今回は、熊本市中央区の「藤崎台クスノキ群」に行ったときの記録です。

藤崎台クスノキ群の施設


  7本の巨木

・ 樹齢1,000年とも推測される巨木が7本も群生している例は他にないことから、1924年に国指定の天然記念物になっている。

道

幹

ボード裏

  トイレ、休憩場所、自販機

・ トイレや自販機は、近くの熊本県護国神社まで行くとある。

・ ゆっくり腰掛けて休憩できるような場所は特にない。

藤崎台クスノキ群の場所


  アクセス

・ 熊本市中央区宮内2−15(Googleマップ

・ 熊本城公園内で、藤崎台球場のスコアボード裏。道は整備されている。

  駐車場

・ クスノキ群の下が藤崎台球場の駐車場になっているので、開いているときはそこを利用すると良さそう。

・ 駐車料金は無料。

駐車場

訪れての感想


  藤崎八旛宮の森

藤崎台クスノキ群

藤崎台クスノキ群があるこの場所は、935年創建の藤崎八旛宮が、1877年の西南戦争で焼失するまで鎮座しており、その神社の森として保護されていたということです。

離れたところから見ると、球場の裏にある駐車場の脇道という感じですが、道を入っていくと、一瞬、屋久島の大自然の中に迷い込んだような錯覚に陥るところもありました。

それほど広い場所でもありませんが、野球場のスコアボードや照明灯とのコントラストも独特で、面白い場所です。

藤崎台球場に訪れたときには、セットで足を運ぶ価値のある場所だと思います。