コラム 熊本スポーツにわか

熊本ヴォルターズ「ホーム第十九戦(2017-18シーズン)」菊池市総合体育館

円陣

熊本スポーツキュレーション


熊本で行われるスポーツを観戦し、「にわかファン」の視点で、そのスポーツの面白いところ、微妙なところ、両面の情報をシェアします。

今回、観戦してきたのは、2017年2月11日に菊池市総合体育館で行われたBリーグ「熊本ヴォルターズ 対 信州ブレイブウォリアーズ」のゲームです。

菊池市総合体育館(ヴォルターズホームゲーム)


  来場者数

・ この日の菊池市総合体育館の観客数は1,317人。

・ 昨シーズンの菊池でのゲームと比較すると、20%以上の減少。時期や天候の違いはあるのだろうけど。

菊池市総合体育館 一日目のゲーム 二日目のゲーム 二日間合計
2016-17 1,202人 1,761人 2,963人
2017-18 985人 1,317人 2,302人
昨シーズンとの違い – 217人
( – 18.05%)
– 444人
( – 25.21%)
– 661人
( – 22.31%)

  試合結果

・ 27得点の活躍を見せるジョシュ・ドゥインカー選手。インサイドのシュートは10/10、フリースローも7/7と全部決め、外したシュートは3ポイント一本だけだった。

・ 試合は76-67のスコアで、熊本ヴォルターズの勝利。

熊本ヴォルターズ 信州ブレイブウォリアーズ
76 得点 67
73.1%
(19/26)
2Pシュート成功率 51.4%
(18/35)
28.6%
(8/28)
3Pシュート成功率 21.9%
(7/32)
82.4%
(14/17)
フリースロー成功率 71.4%
(10/14)
3 オフェンスリバウンド数 17
26 ディフェンスリバウンド数 23
24 アシスト数 21
5 スティール数 6
4 ブロック数 1
11 ターンオーバー数 11

・ 熊本ヴォルターズの選手の主な成績

選手 得点 アシスト リバウンド スティール ブロック
#8 ジョッシュ ドゥインカー 27 8 2
#2 古野 拓巳 17 11 6 3
#30 テレンス ウッドベリー 11 2
#11 福田 真生 8 1 1 1
#55 横尾 達泰 6 2
#47 並里 祐 3 3
#88 高村 成寿 2 4 1 1
#7 小林 慎太郎 2 5 2 1

・ 信州ブレイブウォリアーズの選手の主な成績

選手 得点 アシスト リバウンド スティール ブロック
#40 ティム デゼルスキ 16 3 8 1
#55 アンソニー マクヘンリー 13 6 12 3
#9 高松 勇介 13 2 1 1
#10 三ツ井 利也 9 1 4
#7 古橋 広樹 7 1 1 1
#5 武井 弘明 5 5 7 1
#11 齊藤 洋介 2 2 3
#24 鈴木 大 2 2

ヴォルターズホームゲーム観戦の感想


  幅をきかすLEDヴィジョン

ヴォルターズLEDヴィジョン

菊池でのゲーム二日目、日曜日の菊池市総合体育館は、賑わいを見せていました。

会場に遅く到着した人は、空いている席を少し探さないといけないような賑わいっぷり。

そんな中で、2階バックスタンド中央には、ヴォルターズLEDヴィジョンが設置され、その前の席は座ることができないように規制されていました。

このLEDヴィジョンは、会場演出を盛り上げるために今シーズンから導入されたもので、家のテレビなら超大型ですが、広いバスケ会場のモニターとしては、もう2〜3倍の大きさがほしいなという感じ。

そんなLEDヴィジョンのために、優良な2階中央の席を潰してしまうというのは、試合観戦の満足度を高めるアプローチとして、本末転倒ではないかなと思いました。

あれくらいの大きさなら、会場の遠くで「小型ヴィジョン」として使うより、会場入口とか近い場所で、映像を流して気分を盛り上げる「大型ヴィジョン」として使うほうが、効果的な気もします。

昨シーズンのように、あと400人多く来場していたら、立ち見の人で溢れるような会場になっていたかもしれないので。できるだけ席を潰すことがないような使い方をしてほしいです。


熊本ヴォルターズ https://www.volters.jp/