熊本県人吉市「相良護国神社」人吉城跡にある神社

相良護国神社

相良護国神社を参拝


  鳥居

鳥居

  御館跡庭園

・ 御館(みたち)とは、1683年に城主の相良氏の居宅が置かれていた場所。

・ 公的な接客を行った広間から、この庭園を眺望できるようになっていたらしい。

庭園

  力石

・ 城内に火の手が上がったときに、固く閉ざされていた大手門をこの大石で打ち破って、主君の安否を気遣ったという。

力石

  居石

・ 力石の向かい側にある居石。こちらは説明板がない。

居石

  拝殿

拝殿

神社

  宝物館

・ 拝殿向かって右側にある宝物館。相良家関連の資料が収蔵されているらしい。

宝物館

  相良神社

・ 相良護国神社の拝殿に向かって左側にも立派な社殿がある。どうやら、これが相良神社らしい。

相良神社

  本殿

本殿

  慰霊碑

慰霊碑

  トイレ、自販機

・ トイレは、石垣の外、ふるさと歴史の広場の隅にある。

・ 自販機は、境内にある。

相良護国神社の場所


  アクセス

・ 熊本県人吉市麓町35−1(Googleマップ

・ 国道445号線から球磨川を渡ったところにある人吉城跡の城内にある。

  駐車場

・ 駐車場は、人吉城跡の駐車場を利用。

・ ふるさと歴史の広場の周辺にあるほか、相良護国神社前の堀の奥に広めのスペースがある。

・ 駐車料金は無料。

駐車場

相良護国神社の感想


  武者返しの向こう側

相良護国神社は、代々の人吉城主が居住していた御館の入口に鳥居があり、参道が伸びる神社で、境内には小さな桜の広場や庭園があります。

本殿の裏には広場があって、その先には人吉城跡の1つの見所となっている武者返しがあります。

三ノ丸広場から階段を降りたところにも当たるので、人吉城跡をぐるっと一周するコースの一部として立ち寄ると良いかもしれません。