熊本県産山村「ヒゴタイ公園」

阿蘇

ヒゴタイ公園の施設


  公園案内図

マップ

  入場ゲート(ビジターセンター)

・ ヒゴタイ公園の入園料は、高校生以上が300円、小中学生が200円だったが、7月中旬から10月中旬以外の時期は、オフシーズンで無料解放になるらしい。

・ 入場ゲートには、トイレとちょっとした売店があって、屋根のある休憩場所もある。

休憩場所

・ 入ってすぐの場所に、綺麗な花畑。奥には阿蘇の山々。

花畑

  高原の道

・ 坂道を下って行くと、両サイドにコスモス畑。10万本のコスモスが広がっているらしい。

坂道

コスモス畑

  芝生の丘

・ PCのトップ画面みたいな綺麗な芝生の丘の下へ進むと、渓谷に入って行く。

芝生

丘

  森と渓谷の道

・ 渓谷へ入って行くと、途中に崖崩れが起きて、土砂が流れてきているような感じの場所もあった。

土砂

渓谷

  トイレ、休憩場所、自販機

・ トイレは入口のゲートと、コスモス畑の近くにある。

・ 高原の道を下って行くと数カ所、屋根のある休憩場所がある。

・ 飲み物などは、入口の売店で買わないと、園内で自販機は見当たらない。

トイレ

ヒゴタイ公園の場所


  アクセス

・ 熊本県阿蘇郡産山村田尻771(Googleマップ

・ 阿蘇の細い山道を入っていくが、離合が難しいほど狭い道ではない。

  駐車場

・ 駐車場は収容台数が60台ぐらいのメインの駐車場のほか、20台程度の広さの駐車場が3箇所ある。

・ 駐車料金は無料。

駐車場

ヒゴタイ公園の感想


  高原にある花畑

ヒゴタイ公園

ヒゴタイ公園は、自然豊かな阿蘇の高原と渓谷をハイキングできるような場所でした。

高原の中に花畑が整備してあるような公園なので、その花たちのシーズンと重なるかどうかで、公園の魅力が違ってくると思います。

産山村のウェブサイトでは、花の開花状況をお知らせしているようなので、それをチェックして行くと良さそうです。

今回は9月末に訪れたので、公園の名前にもなっている「ヒゴタイ」の花は、旬を過ぎて元気がないような状態でした。

概ね、8月から9月頃に見頃を迎える花が多いようです。

そして、高原の道は400mぐらいの緩やかな坂になっているので、小さい子を連れたお母さんは、帰りにベビーカーを押して上がるのが、結構、大変そうでした。


ヒゴタイ公園の基本情報

住所熊本県阿蘇郡産山村田尻771
開館時間8時30分〜17時
休日不定休
施設内容高原、花畑、渓谷
電話番号0967-25-2777
Webサイト産山村
備考オフシーズンは無料解放