コラム 熊本公園ハンター

熊本県宇土市「轟水源(轟泉自然公園)」ローカル感漂う日本名水百選

轟水源

轟水源


  熊本公園キュレーション

熊本各地の公園を訪れ、写真や動画と共に情報をシェアします。

今回、訪れたのは熊本県宇土市の「轟水源(轟泉自然公園)」です。

轟水源の場所


  住所

・ 熊本県宇土市宮庄町

・ Googleマップ(https://goo.gl/maps/moVGSNBXaBp

  行くまでの道

・ 入り組んでいて狭い道が多く、場所は少し分かりにくい。

  駐車場

・ 轟水源の前に第一駐車場、水源の先に第二駐車場がある。収容台数は、5〜6台程度ずつ。

・ どちらもアスファルトに白線が引いてあるような駐車場ではなく、砂利の空き地のようなスペース。

・ 駐車料金は無料。

第一駐車場

第二駐車場

・ 轟水源から徒歩数分の場所に「水源前広場」という公園があり、その駐車場は舗装されていて15台程度の収容台数があるので、そっちに駐車して水源に向かう人も多そう。

水源前

轟水源の施設


  轟水源案内図

ガイド

  轟水源

・ 環境省選定の日本名水百選に選出される水源。

・ この轟水源を導水して総延長5㎞になる「轟泉水道(ごうせん水道)」は、現役の上水道として日本最古のもの。

・ 水汲みに来る人も多いようだが、夏は子どもたちの水遊びスポットとして賑わう。

水源

水遊び

  花しょうぶ園

・ 轟水源の先、第二駐車場の前には花しょうぶ園がある。見頃は5月下旬から6月上旬。

・ 花しょうぶ園の周辺には、やや時期は早いが、アジサイが綺麗な場所もあった。

花しょうぶ園

ハナショウブ

アジサイ園

紫陽花

  宇土市大太鼓収蔵館

・ 菖蒲園の前には、江戸時代から明治時代にかけて使われた「雨乞い大太鼓」が26基収蔵し、宇土市の雨乞い太鼓の歴史を紹介する場所がある。

・ 開館時間は、9時から16時半。休館日は、月曜日(月曜日が祝日の場合は翌日)と年末年始。

・ 入館料は一般が100円、小中学生が50円。

大太鼓

  轟泉自然公園

・ 大太鼓収蔵館の先には、細川家の御廟や轟水源の資料館があり、桜の名所としても親しまれる轟泉自然公園がある。

轟御殿

桜並木

原泉社跡

轟泉資料館

・ 轟泉資料館の営業は、火曜、木曜、日曜と祝日のみ。また、年末年始は閉館。

轟泉資料館

  トイレ、休憩場所、自販機

・ トイレは轟水源の第二駐車場や水源前広場にある。

・ 腰掛けられる場所は、轟水源中央の木の周辺にベンチがある。また轟泉資料館前の広場に東屋がある。

・ 自販機は見当たらなかったが、水源の近くに売店があった。

トイレ

トイレ

東屋

売店

轟水源の感想


  地域の水源

ベンチ

轟水源は、観光地ではありません。

轟水源は観光地感が薄く、夏休みに近所の子どもたちが水遊びに来るような、地元の人のための場所という感じでした。

水源の先には、菖蒲園や桜が綺麗な場所があるようなので、観光地として売り出す場合には、そっちとセットで観光地として整備しないと、轟水源だけでは、やや物足りないです。

「名水百選の水源」ということで、白川水源のような観光地をイメージして行くと、少しガッカリするかもしれません。

ただ、轟水源一帯に関しては、無理に観光地化せずに、地域の人のための場所として、ひっそりと大切にしていけば良いのではないかなと思います。

それよりも、名水百選の水源で水遊びができる暮らしをPRしたほうが、しっくりくる気がします。