熊本市南区「砂入公園」大きなゾウが目印の公園

砂入公園

砂入公園の施設


  親ゾウのすべり台

・ なかなかの大きさのゾウ型すべり台。

・ 鼻先は砂場になっているようだが、砂はカッチカチ。

親ゾウ

砂場

  子ゾウのすべり台

・ 公園でよく見かけるのは、このサイズのゾウさん。小さい子向けのすべり台という感じ。

ゾウさん

  ブランコ

ブランコ

  広場

・ そんなに大きな広場ではない。

広場

  トイレ、休憩場所、自販機

・ トイレは男女兼用の小さいものが一つある。

・ 屋根のある休憩場所は田舎のバス停のよう。中央にはパーゴラもある。

・ 自販機は80mぐらい浜線バイパスのほうへ歩いたところにあった。

トイレ

砂入公園の桜


  熊本近所の桜前線2018

桜

砂入公園の場所


  アクセス

・ 熊本市南区出仲間7丁目8(Googleマップ

・ 国道266号線(浜線バイパス)から託麻中学校のほうへ入った道沿い。周辺は住宅街で道幅が狭いところもある。

  駐車場

・ 駐車場はない。

砂入公園の感想


  ゾウさん公園

親子象

砂入公園は、とにかくゾウのインパクトが強い公園でした。

それほど広い公園ではなく、大きな遊具もないため、公園の外から見たときに、その大きさが際立っています。

公園の中に入ると、小さなゾウもいて、ゾウ推しがすごいなと感じました。

このまま突き進んで、大小様々なゾウ型の遊具を増やしていくと、面白い公園になりそうです。

ゾウに目を奪われてしまいますが、園内を見回すと、草が伸びていたり、ゴミが散らかっていたりすることなく、綺麗な公園でもありました。