熊本県宇城市「豊福阿蘇神社」御神木の推定樹齢は千年超え

神社

豊福阿蘇神社を参拝


  豊福阿蘇神社の事前情報

・ 御祭神は、八幡大神と阿蘇十二神。

・ 旧社格は、郷社。松橋町で唯一の郷社として由緒ある神社。

  鳥居

・ 鳥居上部の扁額は「阿蘇 三宮」。

鳥居

  弥五郎(屋護郎)さん

・ 巨大な大神。赤土色の単衣袴を着け、大小の刀を帯びた御神殿守神ということ。

弥五郎さん

  三猿

・ 「聞かざる、見ざる、言わざる」の順のようで、日光の三猿とは順番が違う。

三猿

  拝殿

拝殿

  本殿

本殿

  御神木

・ 御神木の楠木。推定樹齢は千百年、高さ41m、幹の周り18m。

豊福阿蘇神社

豊福阿蘇神社の場所


  アクセス

・ 熊本県宇城市松橋町豊福(Googleマップ

・ 国道3号線から少し入ったところにある。宇城市民病院の隣で、場所はわりと分かりやすい。

  駐車場

・ 境内に広いスペースがある。ただ、御神木の下は、木の落下の危険があるので駐車禁止のよう。

駐車

豊福阿蘇神社の感想


  歴史を感じさせる大木

豊福阿蘇神社は、御神木である大きな楠木のインパクトがとにかく強い神社でした。

それほど広大な境内でもないのですが、灯篭や石碑、さざれ石など、多くの奉納があり、推定樹齢千年を超える大木と共に、その歴史、由緒を感じさせます。

探せば、各地に立派な神社があるものだなと思いました。