コラム クラクラ編集部

熊本ヴォルターズ開幕戦2016-17シーズン

Bリーグ開幕戦


2016年9月24日に熊本県立総合体育館で行われた、熊本のプロバスケットボールチーム「熊本ヴォルターズ」のBリーグ開幕戦を観てきました。

熊本ヴォルターズの試合はもちろん、日本のプロバスケの観戦自体が初めての経験でした。色々な発見があったのでシェアします。

Bリーグの電子チケット入場がカッコ良い


  試合開始2時間半前に到着

開場14時、試合開始17時のスケジュールのところ、14時半頃に会場に到着しました。

熊本総合体育館ヴォルターズ

会場のすぐ前には、小さなマルシェのような場所があり、飲食物の販売をしていました。

ヴォルターズマルシェ

会場に行く途中にコンビニで缶コーヒーを買っていたのですが、会場はビン・缶類の持ち込みがNGだったので、入る前に飲み干す羽目に。

なんか悔しかったので、マルシェでビールを買って入場しました。

  スマホのチケット画面にスタンプ

Bリーグが採用している電子チケットシステムがカッコ良くて驚きました。

画面を係りの人に見せると、黒くて丸い小さなプラスチックのおもちゃみたいな物を画面にポンと置くと、スマホチケットにスタンプが押される仕組み。

電子チケットスタンプ
引用元:EMTG株式会社(https://emtg.co.jp/archives/4192

有線で繋がった端末にピッて、かざすとかじゃなく、優しくポンと置くだけ。

このスタンプでのチェックインはカッコ良いし、何より便利なので、スマホの人は電子チケットでの入場を強くオススメします。

ヴォルターズ(熊本総合体育館)シートの距離感とチケット代


  熊本総合体育館2階席

試合開始2時間20分前。

体育館に入ると、小学生のバスケの試合があっていました。

熊本総合体育館2階席

リングの高さは違いますが、小学生でプロと同じコートで試合ができるというのはバスケの魅力だなと思いました。野球やサッカーでは、小学生であれば、広さとか距離とか、寸法がだいぶ変わってくるので。

2階席の最前列でこんな見え方。

2階席最前列

横から見ると、1階席と2階席はこんな距離感です。

1階席と2階席

それほど大きな体育館ではないので、全体的にコートとの距離が近いように感じました。

熊本総合体育館の2Fは全部自由席で、チケット代2,200円でした。

  熊本総合体育館1階席

入場すれば、2階席はノーチェックですが、1階席に入るときはチケット確認がありました。

1階のコートサイドだと、こんな感じの見え方です。

コートサイドS席チケット代金6,000円

コートサイドS席

コートサイドH席チケット代金5,000円

コートサイドH席

1F自由席(ホーム側ベンチ裏)、チケット代金3,300円

そして、ベンチのすぐ横にコートサイドP席があります。プレミアム席ということで、チケット代金15,000円。開幕戦では来賓の方々が座られていました。

1Fベンチ裏

1F自由席のホームベンチ裏は、選手が近くに見られることもあり人気のようで、荷物を置いて場所取りしてありました。

1F自由席場所取り

試合開始2時間前で、こんな感じで、わりと場所取りされていました。

  試合開始前からDJが盛り上げていて良い感じ

小学生が前座試合をしている間も、ずっとDJが音楽を掛けて盛り上げてくれます。

コートDJ

DJは試合を見ながら音楽を掛けていて、フリースローのときは音が邪魔にならないようにボリュームを落としていました。

この、DJがノリノリの音楽を掛けている環境でバスケできるのは、相当楽しそうだなと思いました。

ハーフコート1時間いくらとかでプレイできるように商品化できたら、需要ありそうだなーと。

ここで試合ができる小・中学生が羨ましい。

  熊本県立総合体育館の売店

体育館内は自販機とか売店が見当たらなかったので、マルシェで買い物をしようと思い、いったん外に出ました。

そうしたら、さっきまではなかった入場の列ができていました。

試合開始の1時間5分前ぐらい。

入場の列

そして、熊本総合体育館はトイレの場所が分かりづらい。2階席のトイレはすごく分かりやすいんですけど、1階のトイレが分からなくてウロウロしていたら、売店を発見。

総合体育館売店

会場入って右側の階段の裏側に小さな売店と自販機がありました。

売店のあるほうから体育館横の建物側に出ると、すぐトイレもありました。

ホールで物販とかしていて、列ができていたりすると、ここの売店は気付かないので、要チェック。

 

試合開始1時間前、ここから選手が出てくるんですが、長くなってきたので今日はここまで!

続きは、後編で(『熊本ヴォルターズ観戦記(後編)開幕戦2016-17シーズン』)。