コラム インタビュー

START-D 黒瀬 小宜里インタビュー「人とのつながりから、みんながHAPPYに」

START-D

クラクラ ×  jenne


女性の就活から終活までの”輝き支援”を展開する「jenne (ジェンヌ)」。
そこでつながり、互いにエンカレッジし合いながら、熊本で様々な活動に挑戦されている方々を紹介していきます。

今回は、デザイン会社「START-D Inc.」プランナー兼マネージャーの黒瀬小宜里さんにお話を伺いました。

異業種からデザインへ


小さい頃から絵を描くのがすごく好きで、高校、大学と、美術部に所属して絵をずっと描いていました。学生時代は、子どもたちに美術を教えたいという想いがあって、教育学部に進みました。でも、なぜか卒業後は一般企業に就職して、損害保険会社に勤めていました。

損保会社ではどうでしたか。

私は営業部所属だったんですけれど、やはり絵を描くことが好きだったので、時間外に社内ポスターを描いたりしていました。そして、ある程度は仕事も回すことができるようになってきたので、第2ステージは自分の好きな世界を生きてみたいなということで、思い切って飛び出しました。

それで好きなデザインに携わることができるお仕事に移られたわけですか。

一旦、デザインの勉強をするために学生に戻りました(笑)。それから東京に出て、広告代理店で企画職として勤めていました。そして、そこで結婚をして。子育てをして。そうした色んなライフイベントを一つのタイミングとして、熊本に戻ることになりました。熊本に戻ってからは、地元の企業で広告のディレクターを務めて、それから現職に至ります。

東京と熊本でデザイン・広告のお仕事をされてみて、感じる「違い」などありますか。

熊本に帰ってきて感じたのは、デザインは印刷のおまけみたいに考えられているのかなということでした。私が企業で広告のディレクターをしていたときに、「この媒体がありますよ」みたいな感じで持ってこられて、そこに何も提案がなくて。逆に、こちらがラフを描いて、「こういったものを」というお話をすると、まさにその感じで出てくる。デザインに関して、当時はこだわりがあまり見られませんでした。もちろん、こだわっている方も実はいらっしゃるんだって、あとで気づきましたが、当時はそういう方と接点がなかったので。

東京と比べて、デザインの価値が確立されていないと言うか。デザインが「違い」を生み出すということが認識されていないのでしょうか。

デザインに対して、これくらいお金がかかりますよということはもちろんですが、例えば企画に対して料金が発生するということをご理解いただけなかったというのはありましたね。

パンフレットとかはもちろんのこと、どんな小さなものでも、どうやったらこのタイトルが1番最初に目に飛び込んでくるかとか、そういうのを細かく計算して作られているんです。文字詰めでも、コンマの世界で修正したりとか。だけど、皆さんすごく簡単に考えられていて、「パソコンで簡単に修正できるでしょう」みたいな感じで言われるのは、ちょっと悲しかったですね。

どうしたら、その辺りのデザインに関する認識が変わってくるのでしょうね。

でも、今は以前よりも理解はされてきていると思います。

例えば、県内の企業さんのパッケージをさせていただいたときに、思い切ったデザインを採用いただいて。そこから売上が大幅に変わったと伺ったときには嬉しかったですね。

そういった成功事例が増えれば、”デザインの持つ本当のちから”を知ってもらうきっかけになりますね。

そうですね。皆さんに口コミであったりとか、ご紹介であったりとかで、こうやって成功していったんだということを知っていただいて、一緒に成長させていただく。幸運なことに、一緒にやっていこうという企業様がいくつかございますので、本当にありがたいですね。信頼関係をやっと築くことができてきたという感じですね。

デザインから始めない


グラフィックデザインやウェブデザインなど、幅広いジャンルでご活躍ですが、どのデザインのお仕事でも共通する肝みたいなものがあるのでしょうか。

肝は全部一緒だと思います。クライアントもそうだし、エンドユーザーもそうだし、その人のためになること。1人が喜ばないものは誰も喜ばないし、1人が喜んだら、それはみんなに売れるものだと考えています。

その1人を本当に喜ばすデザインは、どうすれば実現できるのでしょうか。

そこは制作だけじゃなくて、お話をじっくりします。人となり、会社で大事にされている価値観、将来像などを伺った上で、会社さんがどのステージにいらっしゃるかというところから考えて、ご提案をしていっています。

そうやって背景にある考えや想いを汲むわけですね。

デザインから始めないんです。

そっか、START-Dの「D」は、DESIGN(デザイン)ではないんですもんね。

はい、「DESIRE (願望)」です。
まずは「何を叶えたいか」を共有することからスタートして、その背景にある想いを知った上で、その実現に向けてデザインしていきます。

そのスタートを間違うと、上っ面だけの誰も喜ばないものになってしまうのでしょうね。

そうだと思います。もし上っ面だけだったら、一時的に売れたとしても、人の心には響かないと思います。

ファンになっていかないのでしょうね。
あとは商品が多い場合に、各商品のデザインに統一性が持てなかったりしそうですね。

そうですね。大手の企業さんは、そういった点はやはりお上手だと思います。その辺りの考え方がしっかりされているので。

今後の展開として、何か取り組んでいかれたいようなお仕事はありますか。

弊社はデザイン会社なのですが、今は会社自体のブランディングも行っています。特に経営的な視点でも携わって、一緒に企業の体質改善に向けた取り組みをやっていく動きをしています。

幅広くデザインのお仕事をされているから、トータルのパッケージで会社自体を丸ごとブランディングできるわけですね。

そうですね。ただ、同時に、今は満遍なくできているのかもしれないですけど、それぞれの仕事の落とし込みをしたいので、突き詰めていけば、「これに特化しています」というものを2つ、3つぐらい作っていきたいとも考えています。デザインの中でも、何の業種のデザインかとか、例えば「この業種のデザインだったら、START-Dしかいない」みたいな。

代名詞になるようなものを、確立していかれたいと。

そういったところを目指していきたいですね。

そして、これは私がデザイン専門学校で非常勤講師をしているのもありますが、これからどうやって熊本でクリエイティブ力を育てていくのかというところが、私たちの課題かなと思います。

黒瀬さんは異業種からデザイン業界に移られてきたので、クリエイティブ力を伸ばすことであるとか、それを活かして業界で食っていく術みたいなものを、経験上、お持ちではないかと思うのですが。そこで大事なものは何だと思われますか。

やはり「素直さ」だと思います。絵の上手い下手というのはある程度、差がついていますけど、実際に仕事になるかどうかは、本人のやる気次第だと思います。

素直になって、どれだけ貪欲に学ぶことができるか。

何の仕事でも共通すると思うんですけど、本人が目標を持って、そこにどうやって取り組んでいくかだと思うんですよ。今、自分が少しできるからといって、それで良いよという人は伸びていかないし。やはり、そこで仕事に対して、どれだけ素直でいられるのかだと思います。

それと「生涯の師匠に出会えるか」というのはあると思います。厳しいけども、一生懸命考えてくれる。自分に本気で向き合ってくれるという感じですね。

一緒に仕事をする人にとって、今度は自分がそういう立場になりたいなと思います。そして、クリエイティブな人材と共に、熊本の企業自体もクリエイティブなところが育っていけば良いなと思います。

そして、デザインは震災復興の場面でも、活躍の場があるのではないかと期待しています。

この度の震災では、多くのことに気づき、考えさせられました。私たちは「デザイン」を行うことで、この地で生活しています。だからこそ、デザインに携わるものとして、考え、自分たちの力が少しでも復興の力になれるよう、「チャリティTシャツ プロジェクト」を立ち上げさせていただきました。第1弾としてデザインTシャツを制作いたしましたが、個人のFacebookだけの発信にもかかわらず、多くのお申し込みをいただきました。これからも「少しでも、私たちの活動が役に立てば…」という想いから、第2弾、第3弾というように不定期ではありますが、この活動は続けていきます。

損保時代、広告代理店時代の先輩方や同僚とは今でもつながりがあります。それから、ありがたいことにジェンヌでは企画室のメンバーとして活動させていただいています。どの業種、どんな生き方をしていても、やっぱり色んな面で人と人とのつながりを感じます。

出会いから得るものって本当に色んな広がりがあると思います。そして、その経験を活かして、せっかくこのような仕事をしているのですから、皆さんがHAPPYになることを発信していこうと思います。


熊本に笑顔を!wear kumamoto
https://041416smile.thebase.in/