コラム インタビュー

Wellsole 相藤春陽インタビュー「プロ×ママの視点でつくる食のセレクトブランド」

春陽食堂 相藤春陽 さん

熊本人物キュレーション<クラウドファンディング編>


熊本でクラウドファンディングに挑戦する方のルーツを紹介し、そのプロジェクトへの想いを紐解きます。

今回はCAMPFIREで『プロ×ママの視点で、新たな熊本の食のセレクトブランドをつくりたい!』に挑戦中のWellsole(ウェルソーレ)代表、相藤春陽さんにお話を伺いました。

管理栄養士の可能性を広げたい


子供のときから、料理を作るのがすごく好きでした。母の一声で、栄養士という仕事があることを知って、自分の好きな「食」に携われるんだったらと思って、管理栄養士になりました。そして、病院や施設で26年ぐらい管理栄養士として勤務していました。

それからフリーの管理栄養士として独立されるわけですよね。今は独立されてどれくらいになりますか。

独立して、4年目になります。

フリーランスの管理栄養士はすごく珍しいと思うのですが、その独立のきっかけは何ですか。

栄養士をしながら、食育とかフードコーディネーターとかの資格取得の会社で講師活動をしていました。講師活動をすることによって、施設で仕事をしているのでは得られないような広がり、管理栄養士という仕事の可能性を感じました。会社組織の中で仕事をするのは、ものすごく小さい世界で仕事をしているのだなと思ったんです。病院や施設では、本当に限られた範囲の仕事しかないので、もうちょっと「食」に携わる仕事の幅を広げたいなと思ったのがきっかけです。

今回のプロジェクトの説明では、自身を「身近な管理栄養士」という言葉で表現されていますが、その言葉にはどういった想いが込められていますか。

栄養士さんは必要性が高いにもかかわらず、「管理栄養士さんを誰か知ってる?」と言ったときに、知らない人が多いと思います。何か「食」のことを相談したくても、病気にならないと管理栄養士さんから指導を受けられない。でももっと、健康なときに病気を予防できるような「食」の指導ができたら良いかなと思って。町の栄養士さんみたいな感じで。

日常で気軽に相談できるような身近な存在になれれば、ということですね。

「病院に行くほどじゃないんだけど、最近、数字が上がってきてるんだけど、どうしたら良い?」とか、よく聞くんですよね。私を友達で知っているから良いけど、友達に管理栄養士がいない人は相談する場が無いですよね。

私は栄養士としての世界を広げたいと思って独立しました。管理栄養士として、もっと人の役に立てることがないかなと思っています。管理栄養士という仕事は、知識がかなり広い範囲であるし、非常に面白いんです。ただ、それを世間の人にあまり使えていないという感じですね。

フリーの管理栄養士という新しいことに挑戦されるときは、周りの例えば栄養士仲間とかに相談されましたか。

相談はしなかったです。多分、この感覚はおかしな感覚なので(笑)

収入も安定していて、何の問題もないのに、それを捨てていくということのほうに、言われるんじゃないかと思って。でも、実際はどうだったかと言うと、独立したことによって、無限大に「食」の仕事は広がりました。

フリーの管理栄養士として、どういった仕事を請けられているんですか。

「食」に関するあらゆることです。講師業もやっていますし、料理教室もやっています。食のスタイリング、あとはレシピを作ったり、農作物を加工品にするときにどういうものを作ったら良いかというアドバイザー的な仕事もしています。

管理栄養士の可能性、どういったところで活躍できるかというのが広がっているわけですね。

独立を決意したときに一つ目標としたのが、今後の自分のあとに続く管理栄養士さんが、もっと仕事の幅を広げていける道を作っておくということだったので、そういったことにつながると良いな思います。

プロ×ママの視点で熊本の「食」を伝える


今回のプロジェクトは、震災が一つのきっかけになっているのでしょうか。

震災のときは、米粉を使った離乳食の炊き出し支援をやりまして。それがきっかけで、米粉離乳食のセミナーのお話を頂いて、色々なところでやりました。そこで、お母さんたちの声を聞くと、核家族が多くて、子どもさんの「食」に関してとか、悩みを話せる人がいないという方が多くて。

昔はおばあちゃんがいたりとかして、相談できたのでしょうけどね。

それで、同じレベルのママ友同士でその話をするから、今度は比べてしまうわけですよ。そういうのでストレスになったりとか。そんなときに言葉をかけるのでも、専門的な資格を持っているからこそ、安心して聞き入れてくれるということをすごく感じたんですね。

専門家として「食」を伝えることを自らの使命にしているんですが、その意義を改めて考えるきっかけになりました。

それが今回のプロジェクトにつながってくるわけですね。プロジェクトでは、熊本の食材をブランディングしていくというイメージでしょうか。

おこがましいんですけど、私自身がブランド化するというイメージで、「相藤さんが言ってるんだったら、間違いないよね」ということで購入していただく。そういうものを作ってくれる農家さんを増やす。そういう流れをつくっていきたいです。

セレクトショップみたいな感じですね。
そこでセレクトされる基準、大事にされる価値は何でしょうか。

できるだけ農薬不使用とか、そういうものを使いたいと思っているんですけど。まずは、使いやすかったり、美味しかったりというのが1番の基準になりますね。

「使いやすさ」という基準は、例えば、どういうことですか。

例えば、今回のプロジェクトのリターンにある「はやだきお赤飯」です。

炊くだけお赤飯

これは私がお願いして作っていただいたもので、炊飯器に分量の水と入れてそのまま炊くだけで、お赤飯ができるというものです。水につけておく手間がかからず手軽にできて、しかも熊本県産の素材を使っているということで、人気商品です。

なるほど、調理しやすいとか、手間や時間がかからないとか、日々忙しい中、家事をしている人にとっては大事な要素ですよね。その辺りは「ママの視点」ですね。

プラスアルファで、私が栄養士だから、こういったところで体に良いんだよとか、分かりやすく伝えることで付加価値をつける。

「プロの視点」ですね。

例えば、お米ですが、これも旬があって、美味しい時期とそうでない時期があるんですけど。旬ではない時期でも、精米の仕方だったり、お米の種類のブレンドによって、美味しくなったりするんですよ。

へー。そういう調整で、美味しさが変わるんですか。

全然違うんです。でも知られていないですよね。

そういうノウハウを持った匠が周りに沢山いるので、そういう方からお話を聞いて、私が仲介して伝えるということをやっていく。そして、熊本の美味しい食材を色んなところで食べてもらいたいなと思っています。

どこの農家さんの、どの商品をブランディングしていこうというイメージは、もう色々と浮かんでいるのでしょうね。

ありますね。でも、あまりハードルを上げるつもりもないので、このクラウドファンディングを見て、自分も参加したいと思われる生産者さんがいれば、どんどん言ってきてもらいたいです。ハードルは高くないところから入ってもらって、いろんな話をしながら改善していけば良いので。

一緒に磨いていけば良いわけですよね。商品開発をされているノウハウもあるので。

そうです。このリターンにある「ゆずごしょう」とか「香り米」とかも、結構、昔からあるらしいんですけど、水俣の山の中で売ってあるので、全然知られていないんです。でも、すごく美味しかったりするので。

ゆず胡椒

香り米

そうやって眠っているのでしょうね、知られていない地域の食材が。

売り出し方が上手でなかったり、生産者さんは生産のことしか考えられないし、ブランディングまでは考えられないと思うんですよね。だから、そこに色んなプロフェッショナルが入っていくというのが良いのかなと。

先々では、生産者さんが自分たちのパッケージを作るためにクラウドファンディングをしてほしいなと思いますね。

クラウドファンディングに挑戦されて、反響や何かお感じになる効果みたいなものがありますか。

クラウドファンディングをやることで1番感じるのは、支援の金額よりも、支援をしていただくことで、自分がこれからやっていくことへのモチベーションがアップするということです。

これだけの人が応援してくれるんだから、頑張らなくちゃみたいな。

クラウドファンディング後に、実際にやっていくプロジェクトを達成させなくちゃいけないなという責任感もまた芽生えますし、モチベーション上がりますね。

ブランディングした食品をネットショップに並べるのと同時に、会員制のファンクラブを作って、定期的に私がセレクトする食品やその情報に関するファンを作っていく。そして、”身近な管理栄養士”として、健やかな毎日を支える食習慣を提案していきたいです。

Wellsole(ウェルソーレ)
ウェブサイト http://www.wellsole.jp/
Facebookページ https://www.facebook.com/Wellsole/


“取材後記”

「食を伝えることが自らの使命」と話される相藤さん。生産者と消費者の仲介者として、通訳のような役割を担われているように感じました。食のプロの視点から、消費者にその食材(生産者)の魅力を伝え、ママの視点から、生産者にどんな切り口の商品が求められているかを伝える。色んな食材とそれに関する情報が溢れる時代に求められる存在だなと思いました。