古家達也インタビュー(後編)「ハキ放題」誕生の裏側

ハキ放題 誕生秘話
photo:古家さんより提供していただきました

熊本人物キュレーション<ビジネス編>


熊本の起業家、事業者、フリーランサーのルーツを紹介し、独立のきっかけ、ビジネスへの想いを紐解きます。

株式会社フィールドワークス知的資産経営研究所の古家達也さんにお話を伺いました。
後編では、グッドデザイン賞を受賞した「チャイルド・ラン・プロジェクト『ハキ放題』」について詳しく伺いました。(前編はこちら

『ハキ放題』誕生のストーリー


グッドデザイン賞を受賞された『ハキ放題』も、このyardで生まれたのでしょうか。

まず背景として、地域のショッピングセンターさんが弊社のお客様でした。そして、大型店舗の進出で、地域のショッピングセンターがお客さんを取られていて、売上がどんどん減っていっているという現状があって。そこに対する賑わいをということで、ショッピングセンターを元気にするための勉強会のようなものを、毎回講師を変えてyardを使ってやっていました。

定期的に集まる機会が背景としてあった。

それで、その勉強会の打上げ。そのときは、ふりかけを世界に発信しているフラッグス(フラッグス株式会社)というところが勉強会の先生でした。その勉強会の打上げのときも、「人をどう集めるか」というテーマの飲み会になるわけですよ。

飲み会の中には、次の世代のショッピングセンターを引っ張っていく三代目の靴屋の店主がいて。「ショッピングセンターの集客力は減ってきている」「その中に入っている一店舗はもっともっとお客さんが少ない」「人を集める方法が何かないか」という話だったんですよね。

そこで「靴の定額レンタルサービスどうですか」みたいなことをフラッグスの代表が言って。

打上げの場で、ぽっと出たわけですか。

そうです、ぽっと言って、「それ面白いね」と。

職業柄、今まで色々なアイデアの話を聞いてきているので、嗅覚はしっかりしていると思っていて。聞いていて、これはもうちょっと育てないといけないなと思うものと、たまに、鳥肌立つものがあるんですよ。

それで、靴のレンタルサービスというものは世の中にあると思っていたんですよ。
そうしたら、小売の人が「あ、それ無いですよね」と言って。

「え、無いの」となって。

それで、フラッグスの代表は『ハキ放題』という名前までその場で出してきて。
それもピンと来て。分かりやすいと。

確かにネーミング良いですよね。

それで僕が得意なのはここから先で、『ハキ放題』というのが権利化できないか。

結局、靴のレンタルサービスが今まで世の中に無いのであれば、無かった理由が絶対にあると。お金の話か、何なのか分からないけれども、絶対に理由がある。でも権利化して優位性の確保ができれば、面白いことになるかもしれないということで、その場で商標権を調べて。

「いや、無いですよ」と。

その場で。

そう、その場で。

そのスピード感が面白いですね。

スピード感が凄くて、「無いですよ」となったら、次の日、その代表は権利を取りに行って。だから、出願日はその次の日です。

それからどれくらいの期間で、形になっていったのですか。

飲み会が8月だったと思います。リリースが2015年の3月14日なので。半年ぐらいですね。

『ハキ放題』への素朴な疑問


『ハキ放題』のコンセプト等はグッドデザイン賞のウェブページによくまとめてあるので、ここでは少しぶっちゃけた質問ができればと思います。
選ぶことができる靴については、何か決まった種類の中から選ぶような感じなのでしょうか。

特にハキ放題用の靴が決まっているというわけではなく、このモデル店舗に並んでいる子ども用の靴、全部から選ぶことができます。

通常購入するようにして靴を選べて、期間中は足の成長に合わせて3足まで履き替えることができるというのは、消費者としてはすごくお得に感じるのですが、小売店側は利益が出るのでしょうか。

この企画の最初のキッカケが、「ショッピングセンターの広告の打ち方が下手だ」から始まったんですよ。それで、広告宣伝費の代わりになるお金の使い方を何かしましょうよという考え方で始まっているので、仕入れ対売り値で言うと、ちょっと赤字が出るんだけど、広告宣伝費を使わずに人が集まるのだったら、それで良いじゃないですかと。

高い広告費を考えたら、それで補填しても余るだろうと。

そうですね、そういった考え方でスタートしたんです。

実際にスタートして、反響はどうだったのでしょうか。広告に代わるような効果が出てきているのでしょうか。

例えば、商圏というものがあって。もともとは商圏5km圏内のお客様が9割ぐらいなのですが、この『ハキ放題』の利用者は商圏外が7割という数字が出ています。

日頃は来店しないような商圏外の人が、『ハキ放題』を目的に来店しているのかもしれないですね。売上への効果はどうでしょうか。

このモデル店舗をしてくれた人は僕と同い年なんです。フラッグスの代表も同い年なんですけど。靴屋の彼は僕らと違って、お父様がいて、取締役なんですね。

彼はこの『ハキ放題』をやることを代表取締役に説明しないといけないわけですよ。ということは、このサービスをやることで事業に赤字は出せないと。それで、彼はこのサービスを周知徹底しながら、子どもの靴の小売もめちゃくちゃ頑張ったんですよ。

だから『ハキ放題』をやっていながら、靴の売上は上がりました。それを代表に説明して、今でも『ハキ放題』が続いているということがあります。

お店に来てもらえさえすれば、そこで頑張れるというのがあるのかもしれませんね。

そうなんですよ。結局、この効果は広告宣伝効果なので、人が来るというところまでしか至らないはずなんですよ。靴のラインナップだったり、価格設定だったり、接客サービスだったり、そこから先はお店の自助努力だと思うんですよ。

今後の『ハキ放題』の展開についてはどうお考えですか。

実は、材料費が上がったりして、今年の3月から靴の小売価格が高くなるんですよ。最初は、5,800円(税別)という価格に理解してくれるところだけをフランチャイジーにしますという営業をしていたのですが、「これでやっていたら赤字になるよ」という声がすごく返ってきました。

だから今は、5,800円~7,800円まで、靴のラインナップに応じて、お店のほうで設定してくださいという風にしています。

今までは、買う側の親御さん、子どものことを思っての価格設定をベースにやってきましたが、今度からは、間に入ってこのプロジェクトを広めてくれる小売店の価格設定も考えて、この『ハキ放題』がもっと広がっていけばと思っています。

実際にやってみて初めて分かることは多いので、それに合わせて柔軟にやっていくのは必要なことかもしれないですね。

その中でも、軸として絶対にブレたらダメだよねとみんなで言っているのが、「必要な人へきちんと届ける」ということです。

子どもにサイズが合った靴を届ける、また、国内外で支援を必要とする場所へ靴を届ける。
回収靴支援プログラムに参加して、誰かの役に立っていると、子どものときに実感できるのは貴重な経験だと思います。

そうですね、だから、頂いた靴を届けたときは、その写真をその子に届けてあげることが大事かなと思います。これは、まだサービスとしては成立できていないので、今後そういう仕組みも作っていきたいです。

最後に、このお仕事のやりがいは何だと思われますか。

面白さを感じるのは、話に来られる方は皆さんアイデアを持って来られるので、当たり前のことは話されない。「こんな面白いことを考えたんだけど、どうだろう」という話し方をされるので、苦痛に感じることがないですよね。聞いたことのないような話に最初に触れることができます。

アイデアの卵に最初に出会えるお仕事ですね。

そして、醍醐味は、相談しに来られた方に何かしら成果を提供できて、その方がとても嬉しそうにしている状態というのが一つのやりがいです。だけど、ゴールはそんなところにはなくて。

相談者は事業主が多いのですが、事業主が何で会社を立ち上げたのかといえば、その人たちも誰かのために自分の力を使いたいということなんですよね。だから、本当のお客様というのは、消費者の方だったりするんですよ。

最終的に辿り着きたいのは、クライアントさんのお客様が喜んでいる、その姿を見て喜んでいるクライアントさんを見ることができたときが、一番嬉しいです。

では、何かアイデアを思いついたら、古家さんのところに相談に来たら良いんですね。アポを取って、yardにお邪魔すれば。

実は、フィールドワークスは熊本市の創業支援事業者(認定連携創業支援事業者)なんですよ。

熊本市で会社を立ち上げようとする人たちを応援する会社に認定されているんです。だから、創業をしようとしている人たちは、応援しないといけない状況になっていますので、気楽に来てもらって大丈夫です。


シェアオフィス yard(ヤード)
https://www.facebook.com/yard.llc

ハキ放題
http://hakihoudai.com/
https://www.facebook.com/hakihodai/