コラム インタビュー

似顔絵のプロ「NoR DESIGN ノア・デザイン 宮田ノリアキ」インタビュー

Pocket
LINEで送る

宮田ノリアキ

熊本人物キュレーション<ビジネス編>


熊本の起業家、事業者、フリーランサーのルーツを紹介し、独立のきっかけ、ビジネスへの想いを紐解きます。

熊本市中央区出水、「NoR DESIGN(ノア・デザイン)」。得意とされる似顔絵制作を活かして、似顔絵名刺、結婚式のウェルカムボードや贈り物に最適な似顔絵ボードなど、テーラーメイドで制作されています。今回は代表の宮田ノリアキさんにお話を伺いました。

建設業界からのスタート


学生時代は建築を勉強していました。実家が大工で、私はその長男でした。二人兄妹で男が一人だったので、自然と実家を継ぐという使命感が芽ばえていました。それで専門的なことを学ぼうと高専の建築科に入りました。卒業後はそのまま熊本の建設会社に入社しました。

そのときは、将来的には実家を継がれるイメージだったのですね。

そうですね。建築に関する実務的なことを学んで、ゆくゆくは実家に戻らないといけないかなと思っていましたし、実家の親もそんな感じで考えていたと思います。ただ、建設会社では現場監督をやっていたのですが、いわゆる「大工さん」とはちょっとやっていることが違いました。どちらかというと現場の管理が中心なので、大工のような技術はないわけです。対して父親は、材料の加工から、組立から、現場たたき上げで大工としてやってきていました。はたして、自分がこのまま会社に務めて戻ったところで、何ができるのかという葛藤がありました。そうこうしている内に、妻と出会い、結婚して、子どもも生まれて。それから結婚して3年目くらいで、家を建てちゃったんですよ。

完全に落ち着いていく流れですね。でも、それから独立された。

将来のことを考えるときに、このまま定年まで勤め上げるのは違うかなと思うようになっていました。建築が嫌いというわけではない、でも本当にこれが自分のやりたいことなのか疑問に感じるようになっていました。そして、もし職を変えるのであれば、できるだけ若いうちに次へ進んだ方が良いのかなと。それまではお付き合いが同じ業界の方ばかりで、相談できる人があまりいなかったのですが、辞める頃には業界外の方と接する機会ができて、色々と相談にのっていただけたということもあって。それで決意しました。

その時のご家族の反応はどうでしたか。お子さんがいて、お家も建てて、その状況で職を変える。

そこですよね。「このタイミングで、どうかな~」と思いながら、妻に相談しました。そうしたら、二つ返事で「うん、いいよ」という感じだったんですよ。「いつ辞めてもいいと思っていた」と。妻は、私が夜中に現場に出て行ったり、休みもなく働いているのをずっと見てきていたので、精神的にも、肉体的にも、キツそうというのを感じてくれていたのだと思います。

傍で見られていて、悩んでいる姿にも気付かれていたのでしょうね。実家のご家族はどうでしたか。

将来的な話がもともとあったので、反対されるかなと思っていたのですが、「自分がやりたい仕事があるならいいたい」というような返事でした。妻の両親にも特に反対されることなく、みんな前向きに受け止めてもらいました。どこかで反対されるんじゃないかと思っていたので、予想外でした。そこからは迷いも消えて、割と早かったですね。

畑違いの独立


辞められる時点で今のような仕事をある程度イメージされていたのですか。

いや、実はぼやっとしか決めていなかったんですよ。そんな中で相談を聞いていただいていた方に「好きで得意な絵を描くことを幹にして、今まで培ってきた建築分野を枝葉の一つにしてはどうか。そうすれば間口が広がって色々できるんじゃないか」と言われて。それでイラスト・デザイン全般を根幹に、できることを何でも挑戦していこうと始めました。だから、最初は似顔絵をメインでやるつもりは全くありませんでした。

似顔絵という分野はどうやって始めていかれたのですか。

独立して間もないころに、親戚の紹介で社内ブログ用に社員の方の似顔絵を描く仕事を頂きました。そうしたら次に、その似顔絵を使って名刺を作らせてもらって。それが少し「いいね」と話題になったようで、それがキッカケで少しずつお話を頂くようになりました。そこから自然と似顔絵中心の依頼が増えていきました。

新しい分野に転身されたわけですが、開業にあたってどのような準備をされましたか。

建設会社を辞めて、パソコンスクールに通いました。まずソフトを使えるようにならないといけないと思って。

それまではソフトが使えるわけではなかった。

全く使えませんでした。「イラストレーター」とか「フォトショップ」というソフトの存在すら知りませんでした。その当時はメールも仕事で使わなかったですし、ネットもそんなに利用していませんでした。エクセル、ワード、CADくらいしか使っていなかったので。そういった状態から始めていきました。そのスクールには1年間通いました。

もともと絵がお好きだから、ソフトが使えるようになってくると、また楽しくなってくるのではないですか。

それはありますね。時間も余っていて、自分が好きなことだったので、時間に関係なく夢中でやっていましたね。イラストレーターの技能検定は1級まで取ったのですが、あとで聞いたら、なかなか普通は1級まで取らないそうで褒められました。その1年間でソフト操作の基礎ができたと思います。

あとは実際に仕事をやりながら腕を磨かれていったのですか。

そうですね。フライヤーやポスターのデザインも、デザイン系の本を買い漁って、完全に独学で、見よう見まねで色々試しながら最初は進めていきました。好きなことをやっているので、独学でも苦に感じることはほとんどなかったように思いますね。

この仕事のやりがい、意義をどういったところに感じられますか。

似顔絵を中心にやらせてもらっているんですけど、それでお客様に喜んでもらえるというのが一番にあるんですよ。見た瞬間に「あ、似てるね」「すごいね」と言っていただける。それなんですよね。

なかなか似顔絵を描いてもらう機会もないですもんね。

そうですね。結婚式で頼まれる場合は自分たちの絵を頼まれることが多いんですけど、その他にも、両親にプレゼントされるとか、おじいちゃんおばあちゃんにプレゼントされるとか。頼まれた方だけでなく、頼まれた方がプレゼントされる大切な方にも喜んでいただけるんですよ。

なるほど、写真で描くから、本人にサプライズでプレゼントすることができるわけですね。

そうなんですよ。だから、長寿祝いなどで探していて、うちに辿り着いたという方もいらっしゃいますよ。いつもと違うプレゼントで喜んでもらったという話をしていただけることもあります。そういった「喜んでもらいました」というお声を伺ったときが、一番の喜びですね。

NoR DESIGN(ノア・デザイン)
http://nor-d.com/
https://www.facebook.com/nordesign101/

Pocket
LINEで送る

聞き上手のプロフェッショナル
クラクラ 編集部 (Who Cares/メディア)
「インタビューは、私たちなりの人への投資です。」

熊本でビジネスや地域活動に挑戦する人にスポットを当て、その生き方や取り組みへの想いを紹介します。熊本で頑張っている人を応援すること、その生き方に触発されて新たな挑戦をする人が増えていくこと、総じて熊本がもっと面白くなっていくことを目標にしています。
このプロフェッショナルに相談する